全て正直に話す姿勢を

弁護士との直接の会話のやりとりに際しては、何より全て包み隠さず「真実」を述べる姿勢を徹底してください。借金問題を抱える多くの方々の心理状態として、これだけの窮地に追い込まれてしまった自分自身への無意味なプライドから、実際の借金総額を過少申告するなどを通じ、厳しい現実が弁護士から伝えられる展開からの回避を、無意識に目論んでしまう傾向がみられます。弁護士は相談者のコメントを全て真実と捉えた上で解決策を模索しますので、これでは適切な対応策など導き出せません。

確かに最後の砦として縋り着きたい存在の弁護士から、自己破産が選択肢として存在するなどの説明が届けば、最後通告的に響いても致し方ありません。ですが事に至ってなお、現実から目を背け続ける姿勢の方々には、申し訳ありませんが借金問題から救われる術は見当たりません。弁護士はあらゆる可能性の中から、相談者が実践可能な手段を選び出し、それらを分かりやすく提示から説明してくれる存在です。全てを正直に伝え、弁護士の言葉が理解もしくは承服出来ない場合は、時間の許す限り質疑応答を重ねるべきなのです。無料相談の時間内で結論が出なければ、有料相談で再訪する姿勢を有していればこそ、解決策を見出せるのが借金問題なのです。